N is Non-aging

次の次の代まで継げる、
という違い。

世界最古の木造建築を誇る一方で、ニッポンは、いちばん大切なはずの住宅を30年ほどで建て替えてきました。もったいない。いいものを長く使う心があるのに、それに応えないことがもったいない。私たちトーシン不動産販売はそう考えています。N・istの主なフィールドは、阿倍野区や住吉区、東住吉区。資産性の高い、手放したくない都心立地だからこそ、代々住み継いでいける住まいを築きたいのです。外壁のサイディングは、出回りはじめた当初から釘を用いない工法とし、雨が壁の内部に染み込むのを予防します。断熱材には生涯保証を約束。構造体を結露から守り抜きます。そんな長寿命設計を当たり前のように続けてきたら、国の定める劣化対策等級の最高等級3をクリアしていました。三世代(75年〜90年)暮らせるというその基準をさらに上回る対策を積み重ねています。良い住まいであるだけでなく、良い住まいであり続けるために“Non-aging=非劣化”を目指していく。その姿勢こそが、“N”・istの違いです。

< PDFを見る > < PDFを見る >