N is No limit

譲れない基準をもつ、
という違い。

世界に影響を与えた浮世絵師・葛飾北斎は、80歳を過ぎてなお「猫一匹うまく描けない」と涙したそうです。目指すのは権威ではなく賞賛でもない。自分の理想にたどり着くこと。私たちトーシン不動産販売の住まいづくりも同じです。N・istにとって、国の定めた耐震性や断熱性の「最高等級」は、クリアして当たり前の「最低基準」です。それよりも、いい住まいとは何なのか、どんな暮らしをお届けしたいのか、社内における価値基準こそ追求するべきと考えます。国の指針がない住宅性能になると、N・istの違いはさらに際立ちます。「遮音性」では、ピアノ室にしか使われない遮音マットを2階の床に採用。「デザイン性」では、雨樋や電気BOXにまで美しさにこだわりました。「機能性」では、電気自動車用のコンセントをいち早く設置しています。施工の手間もコストもかかります。売り文句になるような、国のお墨付きもありません。そこにあるのはただ、いい住まいのために譲れない理想。 住む人の評価こそが最高の評価なのだから、より良い住まいを築ける可能性がある限り“No-limit”で取り組む。その姿勢こそが、“N”・istの違いです。

< PDFを見る > < PDFを見る >